最新情報&更新情報

16.08.05:国際会議を更新しました。
Out-of-plane Deformation Characteristic of a Microscopic Layer and Auxetic Behavior of their Laminated Structure
Hiro Tanaka, Naoki Iwata, Yoji Shibutani
12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII) & 6th Asia-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM VI)
24-29 July, 2016 (Seoul, Korea)

16.7.13:見学来訪者を更新しました。
2016.7.8(金)10:00~13:00
西安交通大学(中国)
Ping Huang教授(材料科学工学専攻),Fei Wang教授(航空宇宙工学専攻),Mr.Ziqiung Chen, Mr. Chao Gu(博士課程学生)

16.07.13:国際会議を更新しました。
Defects Mechanics; Three-body Problem of Defects Interaction among Crack, Dislocations and Twin Boundary in Magnesium (Invited)
Yoji Shibutani, Daisuke Matsunaka
3rd International Symposium on Atomistic Modeling for Mechanics and Multiphysics of Materials (ISAM49/ 8th International Conference on MATERIALS STRUCTURE & MICROMECHANICS OF FRACTURE (MSMF2016)
27 June to 29 June, 2016 (Brno, Czech Republic )

16.07.05:セミナーを更新しました。
公聴会に代わる論文発表会開催
学位申請者 : Bo Pan(機械工学専攻 博士後期課程3年)
論文題名 : Size dependent plasticity of single crystalline, bi-crystalline, and amorphous finite micro-pillars
日 時 : 平成28年7月5日(火) 13:00〜14:00
場 所 : M4棟3階会議室
主 査 : 澁谷陽二 教授 (大学院工学研究科 機械工学専攻)(予定)

16.06.11:国際会議を更新しました。
Multiaxial Stress States of Zr-base Bulk Metallic Glasses by Elastic-plastic Finite Element analyses (Invited)
Yoji Shibutani and Bo Pan
International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials (THERMEC’2016)
29 May to 3 June, 2016 (Graz, Austria)

16.06.02:国内会議を更新しました。
タイヤと路面間の摩擦モデルの研究動向とその課題について
田中 展,吉村 侯泰,泉 聡志,酒井 信介
自動車技術会2016年春季大会 タイヤ騒音特設委員会フォーラム(2016.5.27, パシ フィコ横浜)

16.05.19:研究室行事を更新しました(新歓コンパ)。

16.04.06:メンバーを更新しました。
・当研究室に新しく奥村大准教授が着任されました。
・当研究室に新4年生・新M1・新D1が配属されました。

16.03.18:国内会議を更新しました。
3月8日に日本学術会議で開かれた第2回理論応用力学シンポジウム において、垂水准教授が招待講演を行いました。

16.02.09:掲載(予定含む)論文を更新しました。
Effect of surface energy upon size-dependent yield strength of single-crystalline hollow micro- and nanopillars
Bo Pan, Hiro Tanaka and Yoji Shibutani
Materials Science & Engineering A
DOI: 10.1016/j.msea.2016.01.117

Prediction of the friction coefficient of filled rubber sliding on dry and wet surfaces with self-affine large roughness
H. Tanaka, K. Yoshimura, R. Sekoguchi, J. Aramaki, A. Hatano, S. Izumi, S.Sakai, H. Kadowaki
JSME Mechanical Engineering Journal
DOI: 10.1299/mej.15-00084

16.01.19:掲載(予定含む)論文を更新しました。
A predictive model for transferability of plastic deformation through grain boundaries
T.Tsuru, Y.Shibutani,and T.Hirouchi
AIP ADVANCES6,015004 (2016)

16.01.13:国際会議を更新しました。
Switching of Conventional and Auxetic Deformations of Cellular Structure Due to Boundary Conditions
Hiro Tanaka, Tofu Nakanishi, Yoji Shibutani
The International Symposium on Plasticity
3-9 January, 2016 (Hawaii, USA)

過去の情報

2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度