最新情報&更新情報

16.11.21:国際会議を更新しました。
Localized Rule of Buckling Deformations of Periodic Square Cells Under Equi-biaxial Compression
H. Tanaka, Y. Shibutani
International Mechanical Engineering Congress & Exposition (IMECE2016)
11-17 November, 2016 (Phoenix, USA)

16.11.17:国内学会を更新しました。
Zr基金属ガラスのマイクロピラー圧縮変形におけるせん断帯形成の臨界サイズ
坂口英司,潘渤,渋谷陽二
日本機械学会M&M2016材料力学カンファレンス ポスターセッション (2016.10.8-10,神戸大学)

単結晶マイクロピラーのサイズ効果を考慮した降伏関数
中西東風,潘渤,渋谷陽二,田中展
日本機械学会M&M2016材料力学カンファレンス ポスターセッション (2016-10.8-10,神戸大学六甲第二キャンパス)

16.10.18:メンバーを更新しました。

16.10.12:表彰・贈呈を更新しました。
博士後期課程3年生 潘 渤(Bo Pan)君が日本材料学会金属ガラス部門委員会優秀研究発表賞を受賞しました(平成28年10月11日)
渋谷陽二教授が日本機械学会材料力学部門業績賞を受賞しました(平成28年10月9日)
修士課程2年生 飯森理人君が日本設計工学会武藤栄次賞優秀学生賞を受賞しました(平成28年3月28日)

16.10.12:国内会議国際会議を更新しました。
国内会議:
タイヤゴムと粗い表面間の摩擦モデルとその高精度化
田中 展,吉村侯泰,泉 聡志,酒井信介
日本ゴム協会関西支部 2016年度秋期ゴム技術講習会,(2016.10.6-7,島津製作所梅田マルチホール)

国際会議:
Transformation Shift of Periodic Cellular Structure by Controlling Internal Stiffness
H. Tanaka, T. Nakanishi, Y. Shibutani
24th International Congress of Theoretical and Applied Mechanics (ICTAM2016)
21-26 August, 2016 (Montreal, Canada)

16.10.04:メンバー卒業生の進路を更新しました。

16.09.30:掲載(予定含む)論文を更新しました。
分子動力学法を用いたマグネシウムの破壊じん性に関する原子論的解析
松中大介,渋谷陽二,大西恭彰
材料,Vol.65,No.2,pp.141-147,Feb.2016

Dislocation-based constitutive model of crystal plasticity for the size effect of single crystalline micropillar samples
Bo PAN, Yoji SHIBUTANI and Hiro TANAKA
Mechanical Engineering Jornal
DOI:10.1299/mej.15-00602

Interface shape design of multi-material strucutres for delamination strength
Yang Liu, Daisuke Matsunaka, Masatoshi Shimoda, Yoji Shibutani
Mechanical Engineering Jornal
DOI:10.1299/mej.15-00360

16.09.30:国内会議を更新しました。
楕円性崩壊をクライテリアとした立方晶系金属材料の力学的安定性解析
垂水竜一
日本機械学会 第29回計算力学講演会(名古屋大学,9/22〜24,招待講演)

二次元カイラル金属構造体の共鳴振動特性解析
垂水竜一,金政敏,渋谷陽二
日本金属学会秋期大会(大阪大学,9/21〜23)

非線形弾性体のフォノン振動とカラー対称性
垂水竜一,渋谷 陽二
日本物理学会秋季大会(金沢大学,9/13〜9/16)

16.09.30:国際会議を更新しました。
Elastic constants of 3D simple lattice structures studied by resonant ultrasound spectroscopy
R. Tarumi and Y. Shibutani
PRICM 9
August 1-5, 2016 (Kyoto, Japan)

16.08.05:国際会議を更新しました。
Out-of-plane Deformation Characteristic of a Microscopic Layer and Auxetic Behavior of their Laminated Structure
Hiro Tanaka, Naoki Iwata, Yoji Shibutani
12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII) & 6th Asia-Pacific Congress on Computational Mechanics (APCOM VI)
24-29 July, 2016 (Seoul, Korea)

16.7.13:見学来訪者を更新しました。
2016.7.8(金)10:00~13:00
西安交通大学(中国)
Ping Huang教授(材料科学工学専攻),Fei Wang教授(航空宇宙工学専攻),Mr.Ziqiung Chen, Mr. Chao Gu(博士課程学生)

16.07.13:国際会議を更新しました。
Defects Mechanics; Three-body Problem of Defects Interaction among Crack, Dislocations and Twin Boundary in Magnesium (Invited)
Yoji Shibutani, Daisuke Matsunaka
3rd International Symposium on Atomistic Modeling for Mechanics and Multiphysics of Materials (ISAM49/ 8th International Conference on MATERIALS STRUCTURE & MICROMECHANICS OF FRACTURE (MSMF2016)
27 June to 29 June, 2016 (Brno, Czech Republic )

16.07.05:セミナーを更新しました。
公聴会に代わる論文発表会開催
学位申請者 : Bo Pan(機械工学専攻 博士後期課程3年)
論文題名 : Size dependent plasticity of single crystalline, bi-crystalline, and amorphous finite micro-pillars
日 時 : 平成28年7月5日(火) 13:00〜14:00
場 所 : M4棟3階会議室
主 査 : 澁谷陽二 教授 (大学院工学研究科 機械工学専攻)(予定)

16.06.11:国際会議を更新しました。
Multiaxial Stress States of Zr-base Bulk Metallic Glasses by Elastic-plastic Finite Element analyses (Invited)
Yoji Shibutani and Bo Pan
International Conference on Processing & Manufacturing of Advanced Materials (THERMEC’2016)
29 May to 3 June, 2016 (Graz, Austria)

16.06.02:国内会議を更新しました。
タイヤと路面間の摩擦モデルの研究動向とその課題について
田中 展,吉村 侯泰,泉 聡志,酒井 信介
自動車技術会2016年春季大会 タイヤ騒音特設委員会フォーラム(2016.5.27, パシ フィコ横浜)

16.05.19:研究室行事を更新しました(新歓コンパ)。

16.04.06:メンバーを更新しました。
・当研究室に新しく奥村大准教授が着任されました。
・当研究室に新4年生・新M1・新D1が配属されました。

16.03.18:国内会議を更新しました。
3月8日に日本学術会議で開かれた第2回理論応用力学シンポジウム において、垂水准教授が招待講演を行いました。

16.02.09:掲載(予定含む)論文を更新しました。
Effect of surface energy upon size-dependent yield strength of single-crystalline hollow micro- and nanopillars
Bo Pan, Hiro Tanaka and Yoji Shibutani
Materials Science & Engineering A
DOI: 10.1016/j.msea.2016.01.117

Prediction of the friction coefficient of filled rubber sliding on dry and wet surfaces with self-affine large roughness
H. Tanaka, K. Yoshimura, R. Sekoguchi, J. Aramaki, A. Hatano, S. Izumi, S.Sakai, H. Kadowaki
JSME Mechanical Engineering Journal
DOI: 10.1299/mej.15-00084

16.01.19:掲載(予定含む)論文を更新しました。
A predictive model for transferability of plastic deformation through grain boundaries
T.Tsuru, Y.Shibutani,and T.Hirouchi
AIP ADVANCES6,015004 (2016)

16.01.13:国際会議を更新しました。
Switching of Conventional and Auxetic Deformations of Cellular Structure Due to Boundary Conditions
Hiro Tanaka, Tofu Nakanishi, Yoji Shibutani
The International Symposium on Plasticity
3-9 January, 2016 (Hawaii, USA)

過去の情報

2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度