卒業論文

2014年度

修士論文  
稲葉 築 格子欠陥のゲージ理論を用いた対称傾角粒界と転位の相互作用解析
山口 悠太 一般化連続体に対する共鳴振動理論の構築
南 航司 マイクロポーラはりを用いた大たわみの非線形有限要素解析
黄 瑞u 熱・弾性・電場の2次元軸対称マルチフィジクス解析による熱音響波動特性
岡崎 貴広 弾塑性有限要素解析による金属ガラスの塑性変形の局所化と流動
卒業論文  
岩田 直己 均質化有限要素法による骨組み構造体の異方性解析
倉谷 僚一 電子線誘起熱音響波動の共振特性と熱音響イメージング
田中 佑樹 マイクロピラーを用いた金属ガラスの力学的サイズ効果
西牧 聖矩 超音波共鳴法による金属積層構造体の弾性定数測定
八木 皓世 一次元連鎖モデルを用いた非線形共鳴振動の対称性解析

2013年度

博士論文  
荒木 敏弘 薄板構造柱の軸圧縮動的荷重による不安定力学挙動
修士論文  
池田 健二郎 レベルセット転位動力学法による均質化された介在物まわりの欠陥相互作用
大西 恭彰 欠陥構造を反映した異種原子間ポテンシャルを用いたマグネシウム合金Mg-Xの分子動力学シミュレーション
宮部 菜苗 非線形弾性理論を用いた異方性結晶の力学的安定性解析
行広 健太 単結晶/双結晶マイクロピラーの圧縮変形における降伏挙動
王 延暉 ナノインデンテーションによる高分子材料の時間依存特性の評価
卒業論文  
飯森 理人 レベルセット法による介在物界面はく離の発動挙動
奥田 將祐 ナノインデンテーションを用いた高分子材の温度依存特性の評価
妹尾 健二郎 マグネシウム合金開発のための第一原理CAE手法の検討
田窪 智也 単結晶材料の非線形共鳴振動解析
本上 菜花 ゲージ理論を用いた刃状転位組織の解析

2012年度

博士論文  
Jun Pan Defects Mechanics using Computational Dislocation Dynamics by Level Set Method
修士論文  
石岡 知大 新型SEAMの開発と断続電子線音響効果のマルチフィジクス解析
林 洸樹 分子動力学法と連続場変換法の併用による非晶質金属の不均一変形解析
美馬 英人 平均応力依存の降伏関数と非連合流れ則の構成式を用いた金属ガラスの局所変形挙動
日原 啓太 筋の非線形構成関係式を用いた歯科咬合の有限要素解析
山田 晋平 St.Venant-Kirchhoff型二次元超弾性体の共鳴振動
卒業論文  
稲葉 築 ゲージ理論を用いたらせん転位群の安定配置解析
大町 侑平 表面筋電計による歯科咬合時の筋活動の計測
寺本 骭c 第一原理計算によるマグネシウム合金の双晶欠陥評価
濱野 貴至 断続電子線照射による熱波と音波の共鳴現象
山口 悠太 準線形超音波共鳴理論の構築とA1の高次弾性定数評価

2011年度

博士論文  
廣内 智之 高次マルチフェーズフィールドモデリングによる結晶材料の粒成長過程の研究
修士論文  
加納 明 電子・原子論による変形双晶メカニズムの検討
中野 明宏 ナノインデンテーション法を用いた転位と粒界の欠陥相互作用の評価
中野 拓也 通電加熱法によるナノピラーの内部構造変化と力学特性
卒業論文  
穐鹿 一穂 ゲージ理論を用いた転位の弾性相互作用と安定配置
池田 健二郎 界面近接場での欠陥間弾性相互作用の評価
大西 恭彰 マグネシウム材料の基本変形メカニズムに関する原子論的検討
正 典子 表面凝着を考慮したインデンテーションの力学特性
宮部 菜苗 非線形弾性理論を用いた準等方体結晶の力学的安定性解析
行広 健太 EBSD法による変形場における動的再結晶・粒成長過程の検討

2010年度

修士論文  
呉 大樹 先的か計算・有限要素法による頭蓋重心移動を伴う歯科不正咬合力学場の解析
大工 嘉弘 粒界強化メカニズムにおける力学的相互作用の活性化障壁の評価
藤田 純平 弾性支持された圧電素子による電子音響効果の検討
松久 朋弘 変分法を用いた非線形弾性体の共鳴振動理論の構築と解析
卒業論文  
石岡 知大 断続電子線誘起音波現象における熱弾性連成波の位相計測
林 洸樹 分子動力学・連続場変換法を用いた非晶質体の塑性変形機構解析
美馬 英人 静水圧依存の降伏関数を用いた金属ガラスの弾塑性有限要素解析
日原 啓太 部分構造合成法による頭蓋・脊椎系筋骨格モデルの有限要素解析
山田 晋平 Airyの応力関数を用いた二次元弾性体の共鳴振動解析

2009年度

修士論文  
伊藤 高嗣 過冷却状態におけるアモルファス金属の局所構造と緩和特性
小菅 正裕 ナノインデンテーションによる粒界と転位の相互作用の評価
新貝 雅紀 FIB・CVDによるナノピラーの内部構造解析と力学的応答に対するサイズ効果
土井 嘉治 KMC法による薄膜成長に与える基板ひずみの影響に関する検討
卒業論文  
加納 明 第一原理計算を用いた粒界欠陥場の力学的性質に関するエネルギー論的検討
中野 明宏 EBSPの結晶方位解析に基づく粒界の力学特性
中野 拓也 FIB・CVDによるナノコイルの設計と力学的応答に対するサイズ効果
前川 政晴 8位節展開創造体の設計と製作実験
山口 恭平 不規則欠陥理論の構成式に基づくZ1基金属ガラスの大変形有限要素解析

2008年度

博士論文  
田中 展 柔軟節構造体の変形能と構造不安定性に関する研究
譯田 真人 アモルファス金属の微視的内部構造と変形機構の研究
修士論文  
天野 良樹 SEAMの高解像度化の試みとDLC薄膜のはく離に関する非破壊観察
石村 良治 有限要素はりモデルを用いた脊柱筋骨格の歯科不正咬合による力学的影響
海藤 宏志 Phase-Fieldモデリングによる材料中欠陥の挙動に関する研究
卒業論文  
呉 大樹 歯科咬合に関わる咀嚼筋の活動度の個体差による影響
大工 嘉弘 転位と粒界の相互作用に関する実験的評価
藤田 純平 電子線誘起超音波現象の非フーリエ熱伝導・熱弾性の連成解析
松尾 幸哉 2次元柔軟節構造体の力学特性に関する実験的評価
松久 朋弘 共鳴超音波スペクトロスコピー法によるLiTaO3の弾性・圧電定数評価

2007年度

博士論文  
山本 昌裕 薄膜成長過程の原子論的モデリングに関する研究
修士論文  
国沢 康平 Kinetic Monte Carlo法による薄膜成長過程のモデリング
中濱 康広 ナノインデンテーションによる多結晶材料の粒界近傍でのナノ塑性特性
卒業論文  
伊藤 高嗣 分子動力学法によるアモルファス金属の過冷却状態における構造緩和
小菅 正裕 ナノインデンテーションによる粒界近傍の微視的力学特性の評価
新貝 雅紀 FIB-CVDによるナノ構造体の大変形挙動
土井 嘉治 KMC法による薄膜成長過程における基板のひずみ依存性

2006年度

博士論文  
君塚 肇 SiO2結晶の弾性特性に関する原子論的研究
都留 智仁 分子動力学法と転位論的解析によるナノインデンテーションにおける転位の集団的力学挙動の研究
修士論文  
井下 綾 SEAMによる材料内部微小欠陥の非破壊観察とFIBによる破壊観察
岸本 陽平 3次元離散転位 - 有限要素マルチ解析法による材料欠陥場の力学モデルに関する研究
野口 幸恵 3次元有限要素はりモデルを用いた噛みしめ時における頭蓋系力学場の解析
花生 洋平 カーボンナノチューブの熱伝導率の構造依存性
吉岡 敏行 FIB-CVDによるナノ構造体の設計と評価
王 金江 TB-MDハイブリッド解析法によるシリコンき裂伝ぱ特性の研究
卒業論文  
天野 良樹 SEAMによる高解像度化の試みと内部欠陥の深さの同定
石村 良治 顎顔面の三次元非接触計測と三次元有限要素モデルの構築
海藤 宏志 Phase-field法による転位のモデリングとその応用に関する研究
亀井 隆志 密度汎関数理論に基づく金属/酸化物界面の原子構造および界面強度の解析
怒田 成勲 FIB-CVDによるナノ部材の接合に関する研究

2005年度

修士論文  
岩崎 倫典 ナノインデンテーションにおける変位バースト発生挙動に関する実験的検討
田中 展 擬連続体はり要素モデルを用いたナノマテリアル構造体の不安定性解析
松本 剛 個体材料における相変態のエネルギー論的検討
譯田 真人 アモルファス金属の局所構造と機械的特性に関する原子論的検討
卒業論文  
国沢 康平 kinetic Monte Carlo 法を用いた結晶成長のモデリング
中濱 康広 医用多重曲がり針設計のための強度評価法の研究
三宅 洋平 セルラーオートマトン法による反応拡散系モデルを用いた風評被害解析
李 岩 第一原理応力〜ひずみ関係データベースに基づく有限要素計算の開発及び並列分散処理による高速化

2004年度

修士論文  
塩田 剛 走査型電子顕微鏡誘起超音波顕微システムの観察分解能向上の検討
麿矢 一晃 第一原理計算に基づく有限要素計算法の開発
長谷川 茂 分子動力学法によるカーボンナノチューブ構造体の力学特性評価
堀 直人 TB-MDハイブリッド解析手法によるシリコンき裂先端場の解析
卒業論文  
井下 綾 SEAMによる非破壊観察像の分解能に及ぼす観察条件の影響
金尾 亮 NEB法によるシリコン(110)面のき裂伝ぱ特性
野口 幸恵 下顎骨の非接触三次元計測システムの開発
花生 洋平 カーボンナノチューブの熱伝導特性
吉岡 敏行 FIB-CVDによるナノスケール構造体の創製と機械的特性評価

2003年度

修士論文  
高橋 直人 歯科咬合解析シミュレータを用いた顎口腔系力学系に関する研究
都留 智仁 分子動力学法によるナノインデンテーション下での転位ループ生成メカニズムの研究
藤井 敦 多極展開法による遠距離効果を考慮した離散転位集団化挙動に関する研究
卒業論文  
岩崎 倫典 帯板の内面曲げにおける連続転位分布論と離散転位分布論との比較
楠川 章悟 ナノインデンテーションにおける変位バーストの表面粗さおよび結晶方位性依存の検討
田中 一平 球圧子押込み試験による薄膜構造体の強度評価法の検討
松本 剛 Nudged Elastic Band法による転位のバイエルスポテンシャルの評価に関する研究
譯田 真人 分子動力学法を用いた2次元アモルファス合金の強度則の検討

2002年度

修士論文  
岸本 慎一 TB-Tersoff連結ポテンシャル場でのシリコンき裂先端場の解析
丹野 誠 薄膜構造体の強度評価に関する検討
中山 宗宜 離散転位法による転位集団現象の解析
森井 浩二郎 電子線誘起超音波顕微システムの開発と欠陥場非破壊観察への応用
小川 歩 カーボンナノチューブの変形と電子状態の解析
卒業論文  
石田 武志 単結晶アルミニウムのナノインデンテーションにおける表面粗さの影響
塩田 剛 炭素構造物の水素吸蔵特性調査のための原子間ポテンシャルの検討
長谷川 茂 TB-MD法による単層カーボンナノチューブのねじり変形下での原子・電子構造解析
堀 直人 TB-Tersoff連結コンカレントモデリングのためのTersoffポテンシャルの改良
守分 志郎 電子線誘起超音波信号の画像化システムの構築

2001年度

修士論文  
青野 芳大 分子動力学シミュレーションによる単結晶シリコンの圧子押込み挙動
永原 直哉 インデンテーション下での内部構造の変化と微小硬度に関する実験的検討
中村 哲 O(N)Tight-binding分子動力学法によるシリコンき裂先端場の解析
福本 貴文 歯科咬合バランスの有限要素解析
前田 太郎 ひずみ勾配理論による圧子押込み挙動の弾塑性解析
卒業論文  
高橋 直人 3次元歯科咬合モデルの構築のための下顎計測システムの開発
田中 隆至 ナノインデンテーション試験によるDLC薄膜の強度評価
都留 智仁 単結晶アルミニウムの圧子押込みに関する分子動力学シミュレーション
西脇 政彦 第一原理Tigit-binding法による多元系の電子状態計算の試み
藤井 敦 インデンテーションにおけるひずみ勾配効果の検討

2000年度

博士論文  
釘宮 哲也 局所環境依存性を考慮した不均質原子構造体の挙動に関する研究
修士論文  
五十嵐 秀樹 セルラーオートマトン法を用いた転位網の自己組織化
清水 祐司 離散転位法のための基礎研究と3次元モデルへの拡張
手塚 智也 電子線誘起超音波顕微システム開発のための基礎研究
卒業論文  
小川 歩 分子動力学法によるカーボンナノチューブの曲げ・ねじり変形挙動
岸本 慎一 分子動力学法によるシリコンき裂先端場の局所場の評価
土田 吉郎 二次元CA離散転位法による圧子押込み下の転位の挙動
森井 浩二郎 電子線誘起超音波顕微システムの試験片ホルダ低雑音超音波検出回路の設計
丹野 誠 物質境界条件を用いた薄膜の圧子押込み強度評価法の検討
中山 宗宜 分子動力学法を用いた転位双極子生成の解析
山中 圭史 弾性解を利用した圧子押込み挙動の分子動力学シミュレーション

1999年度

卒業論文  
後藤 洋文 咬合力・咬合モーメント同時計測システムの開発
永原 直哉 電子線誘起超音波顕微システムにおける位相差2次元描画システムの開発
中村 哲 O(N)Tight-binding法による電子状態計算の高速化
前田 隆志 CA法による転位網自己組織化の解析
前田 太郎 (CA+FEM)結合解法による高転位密度領域の応力解析  

1998年度

卒業論文  
青野 芳大 応力誘起相変態の引張り軸方位依存性の検討
五十嵐 秀樹 セルラーオートマトン法による反応・離散系力学現象の解析
清水 祐司 転位双極子の安定性の検討
築本 晃一 クラスター構造体の集団現象に関する基礎的検討
手塚 智也 電子線誘起波動電ぱ特性の分子動力学シミュレーション